賃貸の火災保険は強制加入? 保険料を安く抑える方法について。

火災保険は不動産会社で賃貸契約をするときに、不動産会の指定する火災保険に加入しなくてはいけないと、思っている方が多いですが、実際は不動産会社が勧めてくる火災保険は強制加入ではありません。

火災保険は自分で選んだ保険に入ることが、保険料を安く抑える方法になります。今回は賃貸の火災保険について解説していきたいと思います。

目次

賃貸契約に付帯する火災保険は強制ではない。

部屋を借りるときに、不動産屋からの見積りに入っていることが多い一つの項目として、火災保険があります。2年契約の保険が多く、相場で2~4万円くらいするので、初期費用を抑えたい方には、馬鹿にならない金額です。

さて、この火災保険ですが、部屋を借りる時点で、不動産の指定する火災保険に必ず加入しなくてはいけないのでしょうか?答えは「ノー」です。

不動産会社が入居の条件として「火災保険を強制加入させる事」は、法律上問題はありませんが、「不動産会社が指定する保険への強制加入させる事」は独占禁止法に抵触する可能性があります。

よって、入居条件で火災保険が強制加入の場合でも、どの保険会社で加入するかは自分で選ぶことが可能なのです。

不動産屋が指定する火災保険の保険料は割高であることが多い。

火災保険にはもちろん加入はすべきだと思いますが、不動産屋が指定する火災保険ではなく、自分で選んだ保険には入ることをお勧めします。なぜなら、 不動産屋が指定する火災保険の保険料は割高であることが多いからです。

不動産会社のなかには保険代理店と契約を結んでいるケースも多く、その場合は、不動産会社に支払うマージンが上乗せされていているので、高い保険料の内訳の大半は不動産屋のマージンである可能性が高いです。

また、保証内容を必要以上(最大限度)つけていることが多い為、相場より保険料がかなり高くなってしまうケースが多いように思います。不動産会社には、事前に火災保険は、自分で加入する旨を伝えておきましょう。

もし入居の条件として、指定する火災保険への加入以外を認めないというようなことを言ってくるようなことがあれば、そんな会社は利用しないほうがいいです。悪質な場合は、消費者生活センターなどに相談しましょう。

おすすめの保険は、ネット保険

賃貸で保険に加入する際は、自分で保険を選んだほうがコスト節約になります。契約時に不動産会社の勧める保険に入ってしまった場合は、次回の保険の更新は行わずに、自分で保険に入り直しましょう。

自分で保険を選んで加入するというのは、多少めんどうですが、数万円が浮くことを考えれば楽な作業です。ネット保険は、安くて簡単に加入できるのでお勧めです。自分で保険を選ぶ場合でも、保険会社の窓口で契約するべきではないです。人件費がかなり上乗せされているので。

加入する保険の種類については、「家財保険、借家人賠償責任特約、個人賠償責任特約」あたりに加入するのがいいと思います。

私は楽天のネット保険で家財保険と個人賠償責任特約を契約していますが1年間の保険料が¥3,800です。
(現在の契約では、家財保険の保険金額限度は300万円で個人賠償責任特約の限度が1億円)

保証の範囲によっても金額は変わってきますが、1人暮らしであれば、だいたい1年で2千円~6千円くらいで加入できます。

家財保険の保証の範囲はどれくらいにすればいいか迷いますが、1人暮らしでも、最低で250万~300万程度の補償が受けられる保険がおすすめです。

まとめ

・不動産屋の指定する保険は強制加入ではない

・保険は自分で選んだ保険に入るべき

・おすすめの保険はネット保険

・家財保険、借家人賠償責任特約、個人賠償責任特約 を契約するのがおすすめ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

平成28年開業。
大阪市中央区の行政書士事務所です。
建設業許可等の申請代行を中心に取り扱っております。

目次
閉じる